バイナリーオプション みんなのfx

穀物相場

穀物商品取引所では、コメ、とうもろこし、大豆、小豆、コーヒー豆、粗糖などを扱っています。先物取引の穀物相場は現在どのようになっているでしょうか?アメリカのとうもろこしや、大豆、などはあがっているようですね。
一方、イギリスの小麦はさがっています。日本の食糧危機を考えると、穀物相場が気になってしまいます。
放射能などの影響で、国内の米は売り上げがさがってしまうかもしれませんから、外国からの米の輸入はこれからさかんになることでしょう。

安全を強調しているレストランなどはコストをさげて安全を確保したいので、日本米と差がなくおいしいアメリカ米などの輸入がすすむでしょうね。
一時期、外国米が入ってくるといったときに、かなり農家からの反対がありましたが、結局日本人は、日本米を購入するということがわかって、農家の騒ぎもおさまりましたが、今回はそういうわけにはいかないかもしれません。

安全が保障されないのであれば、外国米の購入をよぎなくされる場合もあります。
とくに小さいこどもがいる場合などは、完全に安全なものをあげるべきですし、給食でも安全が確認できない食物はこどもの口に入れるべきではないので、これからは食の安全性ということが、特に重要視されていかなければなりません。
また、調理米や洋食にはアメリカ米があうので、これから需要は増えていくかもしれないですね。

(C) 2011 バイナリーオプション みんなのfx